【世界市場を分析する上での核:米国金利】

皆さんは、市場をどこから見ていますか?

日経平均ですか?ドル円レートですか?

どのような答えが返ってきても、私は正解とします。

ご興味のある市場からご覧になるということですね。

 

では、この問いは如何ですか?

米国の政策金利は?米国の10年債の金利は?ご覧になっていますか?或いは知っていますか?多くの方が、『いいえ』ですね。

 

世界市場を相手にするプロの運用者(ファンドマネージャー・トレーダー)と、一般の方の大差はここにあります。

そして、米国人が資産運用で優位に立っているのは、米国金利に関わるニュースがより一般的であるからです。

 

ここまでで、資産運用を少しでも経験がある方にはヒントになるのではないでしょうか?

米国金利に精通すること、これが資産運用力強化の大きな一歩になります。

 

【金融資産運用講座ベーシックコース第15期第5講】

米国金利を反復して、ここまで講義を進めてきました。快調です。

受講生は、ドル円レートの動向の背景を学び、長文の予測レポートを書けるようにまでなってきました。

その大きな理由の一つが、米国金利への学びが進んできたからです。